スムース・ブラッケでマコさん

薄毛というと、脱毛が在るようになり、ゆるゆるそれが顕著化し、これからスカルプが言えるようになって仕舞う状態を言うが、しかしその系統は、思われている以上に多様で、系統によって状態がことなるのはもちろんですが、実はその事由も系統ごとにことなることが今日わかってきています。今回はその中でも「カッパツルッパゲ」と呼ばれる薄毛の系統についてお話していきたいと思います。

「カッパツルッパゲ」と聞いて、およそ多くの人が、それがどういったタイプの薄ヘアですかというその想像を描くことができるかと思います。ちなみに「カッパ」とは、もちろんかの空想上の動物で、その得手は、鳥のようなくちばしと、「頭頂部にお皿さんの何かが乗っている」というところにあります。

詰まり「カッパツルッパゲ」という薄毛は、カッパの「お皿」のような形で薄毛が進行した状態を指してそのように叫ぶのです。

カッパツルッパゲの多くが、メンズの多くや女性の一部に在る「AGA(メンズ形抜け毛症)」の一種であるということがわかっています。そもそもAGA自体が、頭頂部近辺に薄毛を発症させるという得手を示しますので、カッパのお皿のような形では薄いにしても、頭頂部に薄毛を発症した時点で、その多くがAGAであり、しかも「カッパツルッパゲ」です百分比が高まります。

頭頂部に関してだけのことではありませんが、AGAによる薄毛の単刀直入原因は、「メンズホルモン」が悪さをやる可能性が高いと言われています。やはりカッパツルッパゲについても、メンズホルモンの営みがそんな状態を生んでしまっていると、ひと通りいえます。

ただし、先天的な種からメンズホルモンが悪影響をもたらしてあるという見通しは、カッパツルッパゲの場合はいまひとつ厳しくありません。かえって、プレッシャーや寝不足、暴食、そしてタバコといった、慣習の悪化が原因でメンズホルモンに薄毛を惹起するような営みを与えて仕舞うという見通しのほうが高いといえます。

ただ、薄毛というのは、それがカッパツルッパゲであろうとなかろうと、遺伝系元凶は少なからずあるので、特に30代~40フィー当初といった、案外初々しい瞬間からカッパツルッパゲを発症するケースでは、遺伝系事由と慣習系原因のお互いから事由をアプローチするという認識が重要になります。

正直な陳述、遺伝の種が高い場合には、カッパツルッパゲを改善するのはどうも難しいといえます。しかし、慣習の悪化が原因である場合には、慣習を改善することによって、殊に早期系ランクのカッパツルッパゲであれば、好転の見通しは残されるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です